胸が大きくなる方法について記しています

胸が大きくなる方法005

バストアップに役立つ毎日の習慣形が


バストアップに役立つ毎日の習慣

形が良くてハリがあり、適度な大きさのバストは女性らしさを高めてくれます。
絶対に胸を大きくする方法

手軽にバストアップを行うなら、まずは食事から変えてみてはいかがでしょうか。

バストアップに必要な成分を意識的に取り込むようにするだけで、成長を促す働きが得られるので無理がなく長期的に続けられます。

バストの成長に役立つ成分にはどのようなものがあるのでしょうか。


バストアップ成分として有名なものに、イソフラボンがあります。

女性的な丸みを帯びた体を作るのは、女性ホルモンのエストロゲンの働きが大きく影響しています。

イソフラボンはエストロゲンと同じような働きをすることから、バストを大きくするのには欠かせない成分となっています。

イソフラボンは大豆に含まれているので、大豆そのものや大豆を原料とした加工食品を摂るようにします。

大豆からできている食品には納豆や豆腐、きな粉や油揚げなどがあり、こうした食材は毎日手軽に食べられるものです。

大豆は調味料の原料にも利用されていて、味噌や醤油など和食料理には欠かせない物なので、摂取しやすくなっています。

イソフラボンの1日の摂取量の目安はおよそ50mgになり、木綿豆腐半分でおよそ42mgのイソフラボンが含まれています。


ボロンは女性ホルモンを活性化させるとして、注目されている成分です。

ボロンは熱に弱いのでなるべく加熱しない方法で食べることで効率的に成分を摂取できます。

ボロンを含む食材には、キャベツやワカメなどの海藻類、レーズンやピーナッツ、アーモンド、リンゴや桃などのフルーツ、そして蜂蜜や寒天などがあります。

この食材を使ってサラダやデザートなどの火を加えない調理をして毎日の食事に加えるようにすると、効果的にバストアップ成分のボロンが摂れます。


ただし、女性ホルモンの働きを高める成分を摂っただけでは、バストは大きくなりません。

ハリのあるバストをつくるためには、それを支える筋肉が必要になります。

そこで、バストの土台となる筋肉をつくるエクササイズを行うようにします。

まず手の平を胸の前で重ねて、両側から押すようにして力を加えます。

そして合わせた手をゆっくりと左に動かしていきます。

ひじは直角に曲げるようにして、左右3回ずつ行います。

そのあと肘を口の高さまで持ち上げて、そのまま15秒間制止してから肘を元の位置に戻します。

この運動も3回繰り返します。

特に激しい筋トレではないので、ちょっとした時間の合間を利用して手軽にバストアップができます。

即効性のある方法ではありませんが、食事と軽い筋トレを毎日続けることで、徐々に効果が現れてきます。


胸が大きくなる方法、胸が大きくなる方法、胸が大きくなる方法、胸が大きくなる方法、胸が大きくなる方法、胸が大きくなる方法、胸が大きくなる方法、胸が大きくなる方法、胸が大きくなる方法、胸が大きくなる方法、

メニュー

メニュー

Copyright (c) 2014 胸が大きくなる方法005 All rights reserved.